えいやで会社をやめたらどうなるブログ

SwiftやGolangを中心に書いていくフリーランスエンジニアのブログ。

Amazonの注文確認のgmailから、googleカレンダーにその受け取り時刻の予定を自動で入れる

Google Apps Scriptデビューしました。
未読のAmazonからの注文確認メールを2時間おきに確認して、Googleカレンダーにその受け取り時刻の予定を自動で入れています。
2時間おきというのは任意で変更できて、Google Apps Scriptエディタの時計のアイコンからトリガーを設定させればできます。
便利。

コメントは意図や出力例、つまずいたところを書きました。
よろしくお願いいたします。

function createAmazonEvent() {
  var criteria = "is:unread from:(Amazon.co.jp) ご注文の確認";
  var dateExp = /\d{2}\/\d{2}\s\d{2}:\d{2}/g; // ex. 06/15 16:00
  var dateExpWithSubString = /(\d{2})\/(\d{2})\s(\d{2}):(\d{2})/; // ()をつけることで部分文字列として返却される
  
  GmailApp.search(criteria).forEach(function(thread) {
    var messages = thread.getMessages();
    messages.forEach(function(message) {
      var body = message.getPlainBody(); //getBodyだとHTMLメールのため
      
      if (!(body.match(/お届け予定/))) {
        // Kindleの注文を除くため
        return;
      }
      
      var year = message.getDate().getFullYear();
      var myArray = body.match(dateExp); // ex. [06/15 16:00, 06/15 18:00]
      var [sMatched, sMonth, sDay, sHour, sMin] = myArray[0].match(dateExpWithSubString);
      var [eMatched, eMonth, eDay, eHour, eMin] = myArray[1].match(dateExpWithSubString);
      var startDate = new Date(year, sMonth - 1, sDay, sHour, sMin);
      var endDate = new Date(year, eMonth - 1, eDay, eHour, eMin);
      CalendarApp.getDefaultCalendar().createEvent("Amazon荷物", startDate, endDate);
      message.markRead();
    });
  });
}

参考記事:
GASでDMM英会話の予約メールから自動的にカレンダーに登録 | shotarok's Tech Blog
正規表現 - JavaScript | MDN
Calendar Service  |  Apps Script  |  Google Developers

英語が9割わからないで海外のハッカソンに出るとどうなるか(後編)

1日目午後

アイディアを決める会議をしていたのですが、何を作るかということを僕が理解したのは夕方でした。スプレッドシートに書かれている仕様を見てわかりました。
本当に聞き取れないな、と一人で苦笑していました。
ちなみに最初に一言だけ話してから何も話していないので話すこともダメダメでしたね。

そんな中、おそらく小学生か中学生くらいの子に話しかけられました。
余談ですが、結構小さい子もいっぱい参加していて、幼い頃からこういう場に来ている姿勢というのは本場すごい、って素直に感じました。
で、話しかけられた内容についてですが、午前中の僕のプレゼンでiOSエンジニアだと覚えてくれていたのでしょう。クラッシュしたけど理由を教えて欲しいというものでした。
幸い自分も経験したことのある、設定項目の書き忘れという簡単なものですぐに直してあげました。
"Thank you."と言われた時に「このハッカソンでやっと役に立てた」と涙が出そうなくらい嬉しかったのを覚えています。

***

AWS Rekognitionという画像認識のサービスを使って、眠っているのか起きているのかを判別して、眠そうならホテルをサジェストするというアプリになりました。
このAWSのサービスはiOSでも提供されていたので、サーバサイドを実装しなくて良い……
あれ? 画像認識の部分も画面も作るし実際コード書くの僕だけじゃない?
って心の中で笑ってました。
Mくん(機械学習エンジニア)には"You are MVP."って言われましたけど
ほんとそうだなって思ってました。
まあ、Mくんはどれくらい眠たいかを判別する計算式を顔の画像から学習させようとしていたし、Dさん(デザイナー)はちょっとiOSかけるので画面を良くしてくれてました。

で、Lくんは?
仕様の説明をしてくれた後に「帰る」って言い出したんですよね。PM9時です。
え? ハッカソンって24時間耐久でサービス作るんじゃないの?
って驚きました。でもみんな帰り出したし、他のチームでも帰ってる人がいたのでこういうハッカソンだったのかもしれません。
あ、でもAM1時にピザが出てたらしいので残っているチームは残っていたと思います。
僕は自分だけ頑張るのもアホらしくて、僕も帰りました。

2日目

LくんはAM11時(締め切り2時間前)というふざけた時刻に来ると約束していて、あーもうそうですかって思いながらも、僕はAM6時くらいから4時間で残りの作業を頑張って終わらせました。
MくんやDさんは来て作業してくれてたのでありがたいって思ってました。

で、Lくんですか? まず、11時に来てません。
もう知らんって思いながら、僕の方は新しいAPIの存在を2チームに分かれた方のもう1つのチームから説明されました(どういうことだ? って思うでしょう? 僕もです)
時間もないし、実装した人こっちのチームだったの?? って疑問が浮かびつつも実装したり、Dさんのgitのトラブルを解消したりしてたらタイムアップ。

で、Lくんですか? 後で発覚したのですがもう1つのチームの方でプレゼンに出ることになっていました。
お昼くらいにいつのまにか来てて、おそらく2チームで作ったサービスの出来栄えの良い方をお前選んだろ?って推測してます。
確かにそっちは、卓球とかをしている時にAlexaに話しかけると得点をカウントしてくれるサービスでキャッチーでした。Alexaの部門賞取ってましたし。
でもなめてますね。一周回ってあっぱれです。

***

結局Mくんがプレゼンすることになって、でもとても滑らかにプレゼンしたり質問に答えていたので彼はすごかったです。
おかげでトップ10に入れましたし(30チームくらい参加してました)
まあ、滑らかに話す彼と棒立ちで眠そうな顔と起きてる顔を無言で撮る僕のギャップが面白かったのかなって思ってます。

プレゼンが終わってMくんとDさんと3人でハイタッチして「僕のチームは3人チームだったんだな」って思いつつ僕の初めてのハッカソンは終了しました。

終わりに

じゃあどうするべきだったのか? と考えてみると

  1. 自分の直感で怪しそうだと思う人についていかない
  2. チームメンバーが各自ある程度役割がはっきりしていること
  3. 英語を頑張る
  4. 自分の作りたいものと作る予定のものが近いか

あたりが大事なのかと思いました。

つらかったんですけど、こんなに過酷なハッカソンでなんとかできたので、少し自信がつきました。
それは良い経験だったと思います。

英語が9割わからないで海外のハッカソンに出るとどうなるか(前編)

結論:つらい

注意:読み返してみると思ったより愚痴っぽくなってるので、苦手な方は読まれない方が良いかと思います

経緯

サンフランシスコに来たんだ、せっかくなら本場のハッカソンに出てみようか!
と思ってAngelHackというハッカソンに申し込みました。

angelhack.com

世界各地、日本でも開催されている大規模なハッカソンのようです。不安に思いつつも参加前は初めてのハッカソンを楽しみにしていました。
ハッカソンの2日間で思ったこと、起きたことを全て書いていくと長くなるので、ハイライトを書いていきたいと思います。

0日目

プリハッカソンという名目の集まりが開催されていて、チームメンバーを事前に見つけようという目的で参加しました。
日本だったとしても初対面の人に話しかけるのは勇気がいるのに、英語で話すということでとても緊張していました。
その中で話した1人目はデザイナーの方でした。
自己紹介の後に「何か作りたいものはあるの?」と聞いて話してもらったのですが、
「ふんふん、クラウドソーシング? 引っ越し? SMS?」
みたいな断片的な単語しかわからず、会話も全然弾まずやばいなって思いました。
そのあとも何人かと話したものの何を言っているかほぼわからず、後半は話しかけるなオーラを出しつつ早めに帰りました。
何しに来たんだろ、と悲しい気持ちで帰ったのを覚えています。

1日目午前中

チームメンバーが見つかっていない、頑張って探そう!
と朝食の時間に営業活動をしていました。

その中でお話しした50~60歳くらいの優しそうな老夫婦の方達が印象的でした。
「40年コードを書いてて、ハッカソン・ものを作ることが好きなんだ」とおっしゃってて素敵だなと感じました。
チームに入れてくれる? と頼むも「今回作る予定のものはiOSが関わらない、でも君のことは覚えておく、他の人にも紹介してあげるよ」と残念でしたが優しい対応をしてもらいました。
ちなみにこの方はSparkpostという今回のハッカソンで提供されているAPIを使って、ちゃんとSparkpostの部門賞を取ってて、ハッカソンの勝ち方を知っているのだなというのも印象的でした。

***

いよいよ開催の時間になって運営の方が話し始めます。
"Hey, San Franciscoooo!!!!"
みたいに参加者を煽るところがライブみたいでした。なんでしょう、ハッカソンに限らずこういうノリをよく感じたのでアメリカの文化なのかもしれません。

で、賞金や賞品、ルール、スケジュールなどを話し終わった後にチームメンバーを見つけるためのプレゼンをしたい人は前に来てくれという流れになります。
僕は先ほどの老夫婦の奥様に紹介してもらった、ハッカソン常連の方が最前列に座った影響で隣に座ってたんですね。
彼に肩を叩かれて最初に話すことになってしまい、「嫌だ、やめろ」って思いつつも「ここで話さないとチームメンバーは得られない」とも感じていました。
なので、自己紹介をした後に
"I have no idea, but i wanna make a team. So please call me!"
って言いました。我ながらひどいプレゼンですがなんかウケてました。

***

その後早速誘ってもらってアイディアを決めるために、地下の説明会場から上がりました。メンバーの数を確認すると
"one, two, …… ei, って8人いるけど!?"
チームメンバーは5人までです。なんか怪しいなって思いましたが、その時はチームに入れた喜びと英語ができないプレッシャーでその場に居続けました。
最終的に2チームに分かれて、僕のチームは

  • リーダー。ここではLくんとします。議論を進め、タスク管理、仕様決め、プレゼンを担当
  • 機械学習エンジニア。ここではMくんとします。
  • デザイナー。ここではDさんとします。

になったんですけどね。なったんですけどね……(チームの愚痴は後述します、後編に続く)

飲食店で最低限聞き取れれば良い英語

話すことに関してはメニューを指差していたり、片言で"One, here."とか言ってても通じます。
しかし、聞き取れないと話が進みません。ご飯が食べられないのは死活問題です。

そこで、最低限聞き取れれば良い英語を書いていきます。

bag, box(持ち帰るための袋、箱)

サンフランシスコ・シリコンバレーではとても良い慣習だと思うのが、「飲食店で食べきれない場合持ち帰りを勧められる」ことです。
色々な国籍の方がいて、アメリカンサイズが食べきれない人も多いのでしょう、僕もそうでした。
なので、しっかり聞き取れてないですが"……bag?"とか聞かれてたらおそらく持ち帰りのことについて聞いてます。
これはスーパーでも聞かれるので覚えておくと良いと思います。
ちなみにスーパーだと10セント(10円くらい)です。

receipt(レシート、領収書)

必ず聞かれます。"yes, please."って返してました。

check(お会計)

自分から言いたいときは"Can I have a check, please?"って言ってました。

For here or to go?(店内ですか、お持ち帰りですか?)

ちなみに本当にこんな風に言っているのか、恥ずかしながら僕は聞き取れていません。
"……トゥゴッ?"と言う部分で「あー持ち帰りか聞いてるな?」と判断していました。

Hi, how are you?(いらっしゃいませ)

学校で習ったように"I'm fine thank you, and you?"とか言うのではなく、

  • "Good, can I order?"
  • "Yeah, I'm thinking."
  • "Just looking."

などが良いと思って使っていました。

Which size?(どのサイズ?)

スタバとかですね。tallっていつも言ってました。ここはあんまり迷わない気がします。
他には"Which bread?(どのパン?)"とか"What kind?(どの種類?)"とか聞かれていたと思います。

Anything else?(他には?)

That's all.(これで全部です)が良いかと。

サンフランシスコ・シリコンバレーで初めてUberを使った感想

Airbnbについて書いたので、シェアリングエコノミー第2弾としてUberについても書くことにします。

経緯

サンフランシスコではバスや地下鉄で大体行きたいところに行けていたので、そんなにUberを使わなくても良いと思っていたのですが、シリコンバレーの方にくると公共交通機関はそこまでしっかりしていませんでした。
目的地まで徒歩とバスで1時間強、でもUberなら20分とかだとUber利用しちゃおうと考えて1週間くらいはガンガンUber乗ってました。

使い方の流れ

まず、会員登録。Facebookログインなどをしてsmsに送られてくる番号を入力してクレジットカードを登録して終わり。って感じだった気がします。スクショを取ってないのであやふやですみません。
自分の場合Paypal(MasterCard)がなぜか登録できず、Visaなら登録できたことは覚えています。ちょっと注意するところかもしれません。

次に、自分はUberアプリではなく、GoogleMapからUberを呼んでいます。これは、理由が2つあって

  1. アプリで表示される価格よりもGoogleMapの方が安いから
  2. 行き先を調べていて、バスや電車では不便だと感じたらUberを使うから

f:id:gawawa124:20170523140611p:plain

1つ目の理由についてですが、理由はちょっとわかりません。Googleがスポンサーとしてお金を出しているのか、Uberアプリから実際呼んでも実は料金が変わらないとか?

正確には上記の画像の通り、GoogleMapからだと料金には幅があって実際に支払うお金は大体下限値ちょっと上くらいで、事前に見たUberアプリの価格よりも安いなと感覚的なことを言っています。

さて、どのタクシーを呼ぶかを決めて席数を選んだらあとは待つだけ。

f:id:gawawa124:20170523140604p:plain

こんな感じで向かっている様子がmap上でわかります。
特にコミュニケーションをとることなく目的地まで連れてってくれて、お金をその場で払うこともなく降りられます。便利。
"How are you?" とか"Where are you from?" くらいの会話くらいしかしてない気がします。

1週間くらい乗って特にトラブルはなかったです。
ただ、1度だけイベント会場に呼んでしまった時に、おそらく交通規制に引っかかったのか全然来なくて、電話をかけてみたけれど自分の英語力が低く、意思疎通ができなくてキャンセルをしたことはあります。キャンセル料はその時は2ドルでした。
ただ、運転手が見つけやすい場所で待っていればほぼ大丈夫なのでガンガン使うべきだと個人的には思います。

UberPool(相乗り)について

Uberの中でもUberPoolを使っていました。安いからです。
日本だと「え、相乗りとか大丈夫なの?」みたいな声が聞こえてきそう(なんかそんな記事を見た気がします)です。
主観ですけど、意外と気にならないです。お互いにお互いのことが興味がないので会話も発生せず。
自分が一番遠くて他の乗客から降ろして行く場合、「あーちょっと遠回りしてるかも?」くらいには感じますが、著しく遅れるってことはなかったように思います。
ただ、1度だけ時間に焦っていた時にUberPoolを呼んで、他に2人いた時は焦りました。時間に余裕を持ってUberPoolを呼ぶか、相乗りにしないことをお勧めします。

余談

ある日、スーツケース載せれる? って聞いてみると、"Yes. But It depends on driver."(できるよ。でも運転手次第だね。)って返ってきました。
1度もスーツケースは載せたことないのですが、小さいスーツケースを載せていた人と同乗したこともあるし、彼もああ言っていたことなので挑戦してみるべきかもしれません。

サンフランシスコ・シリコンバレーで初めてAirbnbを使った感想

3週間サンフランシスコ、1週間シリコンバレーに観光・勉強目的で来ています。
その中で共有した方が良さそうなことをブログに書いていこうかと思います。よろしくお願いします。

経緯

まず滞在先を決める必要があると思って調べていくと、1泊1万円以下となるとドミトリーという選択肢が出て来ました。
1ヶ月いてずっと個室がないのは辛いと感じて、個室のあるホテルを探すと、
モーテル or 1泊3万円のホテル
しか出てこない。そんなにお金持ちでもないので1ヶ月1泊3万円は破産する。

こういった経緯から選択肢にAirbnbが浮かびました。

滞在先について

1軒目(サンフランシスコ)

サービス料や税金を含めて1泊7000円くらいと許容できる金額でした。色々とお店が揃っているダウンタウンからドアツードアで30分くらいの場所。
結構しっかりハウスルールがあって(ドアのロック、トイレの使い方、シャワーは1日5分まで、ゴミの分別などなど)きっちりしているホストの方でした。初めは不安でしたが、慣れると住みやすい場所でした。6, 7畳くらいの広さの個室で快適でしたし。
あと、ホストの方や留学生など同居人も何人かいたので、結構コミュニケーションを取っていました。
語学留学をした時にホームステイをしていたのですが、そんなアットホームな雰囲気を感じました。
ちなみに盗難などなんのトラブルもなかったです。

2軒目(シリコンバレー、正確にはサンタクララ

こちらもサービス料や税金を含めて1泊7000円くらい。
1軒目とは対照的にハウスルールがほぼないです。
me "Do you have any house rules?"
host "Uh, no."
me "No!?"
なんてやり取りをしたくらいです。そのあと喫煙・飲酒はやめてね、夜9時以降は大きな音を立てないでねとかくらいはありましたが他はなかったです。ゴミの分別もいらないって言われた時には驚きました。
あとこっちから質問しない限り特にコミュニケーションはなかったです。質問するとすぐに優しく答えてくれるので良いホストではありましたが、1軒目のホームステイ感とは異なりました。
良い悪いとかではなく、家によって全然違うものだなあと思いました。
ちなみにこちらでも、現在滞在中ですが盗難などなんのトラブルもないです。

共通して思ったこと

当たり前かもしれませんが、困った時にはコミュニケーションを取ることが大事だと思います。
「読書灯が壊れている」
「新しいタオルが欲しい」
「トイレ詰まったんだけど」
「冷蔵庫と電子レンジ使っても良い?」
などなど。
もじもじしてても察してくれるなんてことは絶対にないので、びびらずコミュニケーションをとるとすんなり問題も解決できることが多かったです。

余談

こちらの方ではAirbnbがなくてはならないサービスで、そういう「ないと困る」というのは流行って当然だよなあと感じました。そういうサービスが作れるようになりたいものです。

あとAirbnbの招待コード:www.airbnb.jp/c/tomoyai46

名作カードゲーム「ドミニオン」の初心者のための攻略法

この記事はドミニオンというカードゲームのルールを覚えて、そこそこ遊んだことのある初心者の方を対象としています。

強くなりたいけれどどうしたら良いかよくわからない、という人の役に立てば良いと思って書きました。
意見が偏っているのは重々承知していますが、その分覚えることをシンプルにしたつもりです。

なお、筆者は2016年の日本選手権の本戦に出場した中級者ですので、ある程度は参考になると思います。
それでは攻略法について紹介していきます。

アクションカードはどんなに多くても3枚までしか買ってはいけない

このゲームでの主役といえばアクションカードでしょう。アクションカードを買って使うことはとても楽しいです。

それゆえに初心者の頃は手札から3金出たら「村」を買い、4金なら「鍛冶屋」を買って……というふうにアクションカードをいっぱい買いがちです。

お買い物ゲームとして楽しみたいなら止めませんが、このゲームで勝ちたいならばまずアクションカードばかりを買う癖をやめなければ強くなれません。

もちろん、アクションカードを重ねていくコンボプレイが上級者になるには必要になっていくのですが、最初のうちは必要のない考え方です。
多くの人は手札にアクションカードばかりになって使い切れなかったり、いっぱい使ってカードを引いたもののお金が全然出てない、というのがありがちです。

なので、自分がルール説明を行った後に初心者の方に必ず「アクションカードはどんなに多くても3枚までしか買ってはいけない」と言っています。
それ以上多く買っても手札で重なって使い切れなかったりお金が出ないからです。

プレイヤーが毎ターン使えるアクションカードはアクション数を増やすアクションカードでないなら1枚です。
最初のデッキは10枚のカードがあり、それに3枚のアクションカードと財宝カードを2枚追加して15枚になったとしましょう。
手札が5枚なのでその中に1枚だけアクションカードが入っているのが3ターン続けば良いですが高確率で重なるでしょう。

確率の計算に自信がなくて申し訳ないのですが、3ターンで1回もアクションカードが重ならない確率は1 / 3だと思います。
そんなに低い確率ならば、そのアクションカードより「銀貨」を買っていたほうがそのターンに出せるお金は高かったことでしょう。

3枚でも多いくらいですが、最初のうちはアクションカードを買って使う楽しさから逃れられない人が多いので多めに3枚と言っています。
手札で4金や5金が出た時にそのコストのアクションカードよりも銀貨を買うべきだと判断できた時、あなたのレベルは1つ上がっていることでしょう。

属州の前にまず金貨

f:id:gawawa124:20160929213617j:plain

属州を買うためにはどうやって8金を出すのかという意識が必要です。
最初のデッキではどんなに頑張ってカードを引いても7金しか出ません。

まずは「民兵」などのお金を出すアクションカードか「銀貨」が必要になります。
ただ手札を増やすアクションがない場合、手札5枚から8金を出すには銀貨が3枚、銅貨が2枚必要です。これはなかなか厳しいでしょう。

ではどうするべきかというと「金貨」を買いましょう。金貨があることで属州がぐっと買いやすくなります。
金貨が1枚あればあとは銀貨が2枚と銅貨が1枚あれば十分です。「金貨、銀貨、民兵、銅貨、屋敷」のような手札は実現しやすいことでしょう。

なので、最初のうちは金貨を買うことを目標に、金貨が買えれば属州を買うことに意識を向けて良いでしょう。

公領、属州を買うタイミングと金貨の枚数

金貨が大事なことはわかりました。ただ何枚必要なのか、属州や公領の方を買うべきか、などについてまとめると次のようになります。

  1. まずは金貨1, 2枚
  2. 属州を1, 2枚、買えない時は金貨を足す
  3. 金貨が3, 4枚もあるなら属州か公領を買う

悩むのは8金が出たけど金貨をまだ買っていない時だと思います。
個人的にはそのタイミングなら金貨で良いと思っています。

というのも先程言ったように金貨がないと属州を買うのが厳しいです。
たまたま運が良く8金出ても属州を買うことでデッキが弱くなり次の属州を買うまで時間がかかってしまいます。
それならば金貨を買って力を溜めた方が良いのではないか、ということです。

金貨が1枚入れば属州を買い始めて良いでしょう。6, 7金なら金貨を買い足しましょう。
ただし金貨が3, 4枚にもなればデッキは十分な力がたまっています。
その際には6, 7金は公領を買った方が良いでしょう。
このゲームは勝利点の多さで決まるので公領1枚が勝敗を決めることは十分にあります。

あと金貨の枚数の意識も大事ですが属州を1, 2枚買った頃くらいから「デッキのシャッフル」についても意識できるとなお良いでしょう。
これは金貨を買ったは良いもののデッキのシャッフルが3~4ターン後だとして、買った金貨が使えるまでずいぶん遠そうだと感じるなら公領を買った方が良いということです。

最初のうちはこんなに考えられないと思うので「金貨を1, 2枚買って属州を買い、金貨をいっぱい買ったと思ったら公領を買う」ということだけ覚えておけば良いでしょう。

初めて買うのにおすすめのカード

3枚まではアクションカードを買っても良いと言いました。
そんな3枚のうちにおすすめのアクションカードを紹介していきます。

民兵

f:id:gawawa124:20160929214220j:plain
2金出しながら相手の手札を3枚までに減らす強いカードです。だいたいどんな時でも買って大丈夫です。

ただし「書庫」とは相性が悪いので書庫がサプライにある場合は買うのを控えてください。

なぜなら民兵を使ったとして、受けたプレイヤーはいらないカードを捨てて3枚になった後、書庫を使うとその相手は5枚もカードを引けて強い手札になってしまうからです。

鍛冶屋

3枚カードを引くというシンプルで強いカードです。
手札が7枚になれば銅貨だらけだとしても銀貨が1, 2枚あれば属州が買えます。

またコンボを組む際にも強いお供となります。覚えておくと良いでしょう。

書庫

手札が7枚になるまでカードが引ける強いカードです。民兵に対して相性が良いです。
またアクションカードを引いたとしても脇に置けるというところが良いです。
「地下貯蔵庫」でいらないカードを捨てて手札を減らしたあとに書庫で7枚までに引くコンボも良いですね。

議事堂

相手に1枚カードを引かせてしまうデメリットはあるものの4枚カードを引けて購入も1増える優秀なカードです。
鍛冶屋でいっぱい引いたけど11金もいらないという時があったりしますが、議事堂では購入が1増えてるので余ったお金も活用しやすいところが良いです。

魔女

「呪い」を配りながら2枚カードを引く強いカードです。
このゲームにおいて勝利点ですらデッキを弱めてしまうのに呪いは邪魔かつマイナス点です。
廃棄する手段がない場合呪いを一方的に配られてしまえば勝ち目はないでしょう。呪いだらけのデッキでゲームを続けるのは苦痛以外の何物でもありません。

なので魔女がサプライにある場合は優先して買って良いでしょう。やられる前にやる、ということです。

初めて買うのにおすすめしないカード

先ほどとは逆で初心者の頃にはおすすめしないアクションカードを紹介していきます。
誤解して欲しくないのですが、これから紹介するカードほ自分もよく使うし好きなカードばかりです。
ただ初心者向きではないように感じているだけです。

f:id:gawawa124:20160929214651j:plain
コンボを組むために必要不可欠なカードではありますが、ここまでコンボよりもお金を優先しましょうと言ってきました。
なので村を買うのは初めのうちはおすすめしません。
アクションが余るだけで銀貨より弱いことが多いからです。

村によって増えたアクションを活かすということは手札に村とアクションカードが2枚なければいけません。
3枚もアクションカードがかぶる確率は低そうですし、正直村以外の2枚がかぶった時に悲しい思いをすることでしょう。

玉座の間

これもコンボを組む際に大活躍するカードですが、玉座の間とかぶって欲しくてアクションカードをいっぱい買った結果使い切れない事故が発生する、という未来が見えています。
強い人が使うと本当に強いカードです。ただし上級者向きだと思うのです。

庭園

面白いカードで自分は好きです。このカードがサプライにあるだけでゲームの雰囲気ががらりと変わる良いカードです。

とはいえ庭園を初心者が買うのはおすすめしません。
庭園を買ったはいいものの、その庭園は何点になるのか予測が最初はつかないからです。

デッキが40枚未満でゲームが終わる場合その庭園は3点です。1コスト安い公領です。公領だと考えると序盤から買うカードではないことがわかるでしょう。

では40枚以上にするために庭園をどのように獲得していくか、デッキの枚数を増やす手段、ゲームをどのように終わらせるか、など考えることが多い上級者向きのカードと言えるでしょう。

ただ「工房」や「木こり」など獲得や購入のしやすいカードがある場合買ってみても良いでしょう。
庭園で勝つと気持ちが良いです。

市場

デッキに何枚あっても邪魔にならない使いやすいカードです。
ただし5コストです。結構高いです。

それなら銀貨を買ったほうが安定してお金を出せるでしょうし、「議事堂」や「書庫」の方が強さを実感しやすいことでしょう。

礼拝堂強い!

基本セットの中でひときわ異彩を放っているアクションカードがあります。それは「礼拝堂」です。

このカードは手札から4枚までのカードを「廃棄」することができます。
今まで廃棄について説明してこなかったのですが、重要な概念です。
廃棄とはゲームからカードを除外することです。デッキに戻ってくる捨て札とは違います。

「呪い」は分かりやすく廃棄したい対象でしょう。そして、「銅貨」や「屋敷」も廃棄したい対象となります。
なんとなくもったいない気分になるかもしれませんが、弱い銅貨や屋敷をゲームから除外してしまえば買った銀貨や金貨やアクションカードをより多く使うことができます。
デッキの枚数が少なければ少ないほど同じカードを何回も使えるわけです。

そんなデッキを作り上げるのに役立つのが「礼拝堂」です。
銅貨や屋敷をガンガン廃棄していき、理想は礼拝堂以外は金貨2枚、銀貨1枚のデッキ、現実的には金貨1枚、銀貨3枚のデッキを作り上げて属州を買います。

属州を買いにいくスピードの速さに驚くことでしょう。ただし勝利点がデッキを圧迫するので息切れするのも速いことがわかってくるようになるとあなたのレベルはまた1つ上がっています。

それでもコンボを組みたいあなたへ

ここまでアクションカードは3枚までにしてお金を買うことを中心にプレイするよう説明してきました。
忠実に守ったあなたはそこそこ勝てるようになっているでしょう。

ただしどこか物足りない感覚にも陥っているのではないでしょうか。
機械的にお金ばっかり買っていつも同じゲームをしているようですし、コンボを上手に組まれて負ける悔しさを味わっているかもしれません。

なので、それでもコンボが組みたいあなたへ、コンボが組めるサプライかの見極め方だけ伝えましょう。

アクションを増やせるか

「村」や「祝祭」のようにアクション数を増やせるカードが必要です。これがないとアクション数の増えないカードは重ねられず困ってしまいます。

カードを引くアクションカードがあるか

「鍛冶屋」や「議事堂」のようなカードがないとコンボを続けることは難しいです。

廃棄またはデッキの回転率を上げることが可能か

「礼拝堂」や「地下貯蔵庫」などです。これがないと村と鍛冶屋を重ねてもデッキを引き切るのが難しいことが多いです。

購入を増やせるか

頑張って引き切ったはいいもののお金がありあまっているという状況はもったいないです。
16金2購入という状態になっているのが望ましいです。

あとはお金がちゃんとデッキにたまっているかという意識を持っていればコンボを組む際に事故が起きることが少ないでしょう。

(おまけ)慣れてきたら拡張にも手を出してみよう

中級者となった今でも、基本セットを遊ぶたびに新たな発見があって面白いです。
それだけドミニオンが素晴らしいゲームなのでしょう。

ただ、繰り返し遊べば少し物足りなくなってきます。
なので、そんな風に感じたら何か拡張セットを1つ買ってみると良いでしょう。

「陰謀」や「海辺」には使いやすいカードが多くて自分は好きです。
ただし「拷問人」や「幽霊船」など強力すぎるアタックカードがあるため、友達をなくさないようある程度相手を選ぶ必要があります。

「異郷」はカードの効果がわかりやすく比較的アタックカードも優しく、おすすめの拡張です。
「よろずや」の万能感や「厩舎」のデッキ回転の速さ、「値切り屋」のお買い物が楽しい感覚が味わえるなど、買って損しない拡張でしょう。

まとめ

最後にまとめます。

  • アクションカードはどんなに多くても3枚までしか買ってはいけません。それ以上多く買っても手札で重なって使い切れなかったりお金が出ないからです。
  • 属州の前にまず金貨を買いましょう。金貨を1, 2枚買って属州を買い、金貨をいっぱい買ったと思ったら公領を買うのがおすすめです。
  • 初めて買うのにおすすめのカード:「民兵」「鍛冶屋」「書庫」「議事堂」「魔女」
  • 初めて買うのにおすすめしないカード:「村」「玉座の間」「庭園」「市場」
  • 礼拝堂でガンガン銅貨と屋敷を廃棄すると強いです。ただし、勝利点がデッキを圧迫して弱くなるのも早いことにも注意しましょう。
  • それでもコンボを組みたいあなたへ:以下をサプライから見極めてコンボを組めるか判断しましょう。お金がデッキに溜まっているかも忘れずに。
    • アクションを増やせるか
    • カードを引くアクションカードがあるか
    • 廃棄またはデッキの回転率を上げることが可能か
    • 購入を増やせるか


目指せ、中級者!