えいやで会社をやめたらどうなるブログ

SwiftやGolangを中心に書いていくフリーランスエンジニアのブログ。

Amazonの注文確認のgmailから、googleカレンダーにその受け取り時刻の予定を自動で入れる

Google Apps Scriptデビューしました。
未読のAmazonからの注文確認メールを2時間おきに確認して、Googleカレンダーにその受け取り時刻の予定を自動で入れています。
2時間おきというのは任意で変更できて、Google Apps Scriptエディタの時計のアイコンからトリガーを設定させればできます。
便利。

コメントは意図や出力例、つまずいたところを書きました。
よろしくお願いいたします。

function createAmazonEvent() {
  var criteria = "is:unread from:(Amazon.co.jp) ご注文の確認";
  var dateExp = /\d{2}\/\d{2}\s\d{2}:\d{2}/g; // ex. 06/15 16:00
  var dateExpWithSubString = /(\d{2})\/(\d{2})\s(\d{2}):(\d{2})/; // ()をつけることで部分文字列として返却される
  
  GmailApp.search(criteria).forEach(function(thread) {
    var messages = thread.getMessages();
    messages.forEach(function(message) {
      var body = message.getPlainBody(); //getBodyだとHTMLメールのため
      
      if (!(body.match(/お届け予定/))) {
        // Kindleの注文を除くため
        return;
      }
      
      var year = message.getDate().getFullYear();
      var myArray = body.match(dateExp); // ex. [06/15 16:00, 06/15 18:00]
      var [sMatched, sMonth, sDay, sHour, sMin] = myArray[0].match(dateExpWithSubString);
      var [eMatched, eMonth, eDay, eHour, eMin] = myArray[1].match(dateExpWithSubString);
      var startDate = new Date(year, sMonth - 1, sDay, sHour, sMin);
      var endDate = new Date(year, eMonth - 1, eDay, eHour, eMin);
      CalendarApp.getDefaultCalendar().createEvent("Amazon荷物", startDate, endDate);
      message.markRead();
    });
  });
}

参考記事:
GASでDMM英会話の予約メールから自動的にカレンダーに登録 | shotarok's Tech Blog
正規表現 - JavaScript | MDN
Calendar Service  |  Apps Script  |  Google Developers